ポールの経歴

【ポールの経歴】

・3歳:ドラゴンポールと出会う
・4歳~6歳:ドラゴンボールの英才教育を開始
    TSUTAYAのビデオとYoutubeでマスター
    4歳 ドラゴンボール少年期をマスター
    5歳 ドラゴンボールZをマスター
    6歳 ドラゴンボールGTをマスター
・4~7歳頃:ドラゴンボール超と出会う
・8歳:ドラゴンボールヒーローズと出会う
・9歳:ドラゴンボールを中心としたyoutubeを開設
・10歳:フォートナイトと出会う、ライブ配信を開設
     Vジャンプ、最強ジャンプを定期購読
・11歳:SDBH草トーナメント:チビッ子の部 準優勝2回
・鬼滅の刃マスター、呪術廻戦修行中、東京リベンジャーズ修行中
・集英社プレゼント当選多数

・現在に至る(2021年10月現在:チャンネル登録者1500名)

フュージョン




ポールのPC周辺機器

スイッチから始めたポールも
パソコンでフォートナイト
配信を開始してはや1年以上がたちます。

 

 

パソコン周辺の状況は月を
追うごとに変わってきましたが、

 

まず最初はLIVE配信をするにあたって
スイッチをゲームチャプターする
ことからはじめました。

 

 

チャプターボードは今でも健在です。
こちらがそのチャプターボード
AVerMedia GC550
チャプターボード
現在はAVerMedia
GC550 PLUSが主流みたいですね。

 

 

【正規国内認定品】ゲームキャプチャー 4Kパススルー & 録画 対応 AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS HDMI YOUTUBE ニコニコ動画 などで 実況 PlayStation 5 / PS5 / 4 / PS4 / Nintendo Switch / Xbox One / PC OBS Windows 11 対応 キャプチャーボード vtuber

価格:20,900円
(2022/1/24 00:30時点)

 

 

初期の接続

 

 

初期の接続はこんな感じでした。↓
約1年半ほど前だと思います。

 

 

 

スイッチで配信をするには
このチャプターボード
使うとやりやすいと思います。

 

 

ただしスイッチで配信にはパソコンが必要です。
配信当初はゲーム用でない
パソコン(Dynabook)
使用して配信をしていました。

 

ダイナブック

 

パソコン(Dynabook)
写真を編集したり、
年賀状を作ったりには
全然問題ないですが、
フォートナイトや配信をするには
グラフィック処理がどうしても
ついていけませんでした。

 

 

初期の配信に
来ていただいていた方には申し訳ないほど、
ラグかったり配信が途中で切れたりしていました。

 

 

4Rさんやスーパーマルさん
その当時ラグいのに遊びにきてくれて
ありがとうございます。
現在もパワーアップして
配信していますので
是非遊びにきてくださいね。

 

 

ゲーミングパソコンの購入

 

最終的にゲーミングパソコンを
購入するきっかけになったのは
フォートナイト側のバージョンアップで
パソコン(Dynabookのグラフィック処理の
スペックが
フォートナイトの最低基準を下回ってしまって
パソコン(Dynabook)で
起動しなくなったのがきっかけでした。
さっそく色々なパソコンの専門店に
話を聞きに行って、
一番親切に色々と教えていただいた

 

TSUKUMOさんで
ゲーミングパソコンを購入して
フォートナイトのLIVE配信を
行うようになりました。

 

パソコンでポールがフォートナイトをして
ポールパパがスイッチでゲームをする
<今のスタイルになったというところです。

 

TUKUMOさんのゲーミングパソコンのページはこちら

 

スイッチキーボードを繋いで配信していた
当時のポール↓(亀川流のTシャツ)
配信風景

ノートパソコンで配信開始

ノートゲーミングパソコン

 

約1年前は上の写真のこのような感じで
ライブ配信をしていました。

 

ポールがパソコンで
フォートナイトをはじめた当初です。

 

 

 

ノートパソコンのキーマウは・・・・

 

ノートパソコンはとてもキーボードが小さく
ゲーム向きではなかったです。

 

そのため
しばらくはスイッチ用の
キーボードとマウスを使用していました。

 

スイッチ用キーボード↓
初期キーボード

 

スイッチ用キーボードとマウスは
スイッチでも数か月程使用しましたが、
スイッチのfps※1の問題で
あまり楽しめなかったようです。

 

 

fps※1とは
「frames per second」の略
1秒間何枚の画像で構成されているかを示すの単位
・スイッチが30fps
・PS4が60fps
・PS5が120fps
・パソコンは無制限 
パソコンのfpsはパソコンとモニターの
性能によりますが、
ポールはPCで144fpsで配信しています。

 

 

すぐにパソコンに転向するよりも
スイッチの時にキーマウに慣れることができて
PCへの免疫ができてよかったと感じました。

 

配信用のノートPCは
TSUKUMOさんで購入した
ゲーミングノートPCで
フォートナイト用に購入したものとなりますが、
今でも配信管理で(2021年12月現在)は
Youtubeの動画編集とフォートナイト用で
ポールパパが使用しています。
起動も早く、ラグさも一切ない
本当にいいPCだと思います。

 

ノートPCとディスクトップPC

 

ノートPCとディスクトップPCの購入については
さまざまな選び方があると思います。

 

ポールパパの独断と偏見ですが、
フォートナイトをすることに関していえば
ディスクトップPCをおすすめします。

 

今ポールパパの使用している
ゲーミングノートPCも
とても性能がよくできていて
スマートで持ち運びできて、
かっこいい感じがして
ポールパパは大好きなのですが・・・

 

何年もPCを使用すると
おそらくモニターの異常が
発生することが考えられます。

 

動画編集やフォートナイトをしていない
学生時代から
PCを何台か購入してきましたが、

 

いずれも持ち運びが簡単にできる
スマートなノートPCでした。

 

結局、おじゃんになったのは
機能は大丈夫だけど、、、
モニターを映し出すLEDライトの寿命で
いずれも買い替え時期がきてしましました。
画像の色が変色したり、
画像がみにくくなったり、線が入ったり、

 

色々と直したいポールパパですが、
さすがにノートPCのLED交換までは、
手を出せずにいます。

 

ディスクトップPCですと
性能が落ちたことを考慮しても

 

同じ異常が発生したときには
モニターを買いかえれば
使い続けることができるかな?と思います

 

もちろん自分でノートPCの
モニターLDEを直すことができれば
ノートPCでもいいかなとは思います。

 

いずれにしても
ノートPCもディスクトップPCも
時代の変化は速いので
5年もすると今のものでは
使えなくなるのかな?と思っています。

 

あとは詳しいお店の方に
足しげく通って
聞いて回ることをオススメします。
お店の方は本当に親切に教えてくれます。

 

RTX 3090 Core i9 HyperX FURY DDR4 メモリ 64GB 1TB SSD PCIe規格 2TB HDD OMEN by HP 30L Desktop (型番:1V7E0AA-AACE) eスポーツ ゲーミング ゲーミングPC ゲーミングパソコン クリエイター デスクトップパソコン Office付き 新品

ヘッドセット

ポールが使っているヘッドセットは
マイク付き 有線ヘッドホン
ヘッドフォン 重低音 高音質 3.5mm端子
PS4 PS5 SWITCH PCに対応です。/span>

 

初期ヘッドセット

 

値段的には安いものですので
音についてはいいとは言えない代物です。

 

そのためヘッドセットを検討中です。

 

その第一候補がやはり
ロジクールですね

 

ただロジクールは高いですね
倹約家のポールパパは
とても迷っています。(≧▽≦)

 

候補としては
ポールが強く無線を望んでいますので

 

Logicool G ゲーミングヘッドセット
ワイヤレス 無線 G933s
Dolby 7.1ch 3.5mm usb LIGHTSYNC
ノイズキャンセリング
単一性 折り畳み式マイク
PC/PS5/PS4/Switch/スマホ 国内正規品

 

となります。

 

 

 

別のヘッドセットを試しに・・

 

ロジクールのヘッドセットの前に
安くてプレイに支障がなければと思い
下のヘッドセットを
購入にしてみました。

 

 

 

商品情報
ワイヤレスゲーミングイヤホン bluetooth 5.2
密閉型 折りたたみ式 耐久性 ヘッドセット
ノイズキャンセリング
HD音質 マイク付き ハンズフリー通話可能<

 

初期ヘッドセット

 

こちらのヘッドセットは
Bluetooth周波数によるの無線で
PCによって相性があるようでした。

 

ポールのディスクトップPCには
相性が悪く、
PC本体の位置を変えたりしましたら、
少し改善したりはしましたが、
なかなか電波がうまく届きませんでした。
プレイ途中で途切れたり、雑音が入ったりと
ゲームを楽しむには全然だめという感じでした。

 

相性が悪くといいましたが、実は
もう一台の配信用のノートPCとは
相性が良く
今ではポールパパが譲り受け
配信用のノートPCで愛用しています。
とっても音がよくてサイコーです。
音も切れません。

 

 

Bluetooth無線のヘッドホンを検討の方は
パソコン本体周りに
Bluetooth電波の邪魔になるものがないか
例えばWi-fiのルーターや電子レンジなど
環境によって無線がうまく
届かないことも想定して
購入を考えたほうがよさそうです。

 

PCとの相性もありますので
ポールのディスクトップPCのように
つながりにくい仕様や
PCを置いている場所や環境が
障害を起こす可能性がありますので
Bluetooth無線を利用したヘッドセットは
十分にご検討ください。

 

 

最終的なヘッドセットは・・・

 

結局ポールにはこちらを
購入しました。

 

Logicool ヘッドセット G933s Wireless 7.1
LIGHTSYNC Gaming Headset

 

最終ヘッドセット
さすがロジクールですね。
無線を感じさせない音の良さと
電波、周波数の問題の無さ
少し値段はしますが、、
皆さんがフォートナイトをする際は
安いと思ってちょこちょこ投資をして
失敗するよりは
少し高価でもロジクールなどの
(ゲーミング商品は高性能のものが多いので)
ゲーミングメーカーの商品をオススメします。

 

USBソケット

実はこれだけ周辺機器からの配線が多いと
接続するUSBソケットが限られているので
特にノートパソコンは
増設するUSBソケットが
必要になります。
それがこちらとなります。↓

 

 

USB1

 

USB1

 

 

ELECOMのUSB端子を3つ使っています。
現在はいろいろな物がありますので、
接続は本当に混線しています(≧▽≦)
なにかいい方法があればいいですが
かなりごちゃごちゃして大変です。

 

ポールが使用しているマイク

 

マイク
AVerMedia製で↓
AVERMEDIA アバーメディア USBマイクロホン AM310[AM310]

 

マイクロフォン

 

ON、OFFが簡単にできるので
よくポールがOFFにして
配信の不具合などを
ポールパパに話したり
おかしを食べたり
トイレにいったりしています。

 

少し配信の時にノイズが入る
ような感じです。

 

ただとても感度がいいので、
少しの話し声や、
家の扉を開く音や、
キーボードをたたく音を
正確に拾ってくれます。

 

とってもオススメです。

 

実はこのマイク2台ありまして、
当初ON、OFFの押しすぎで
壊れたおもい、買いなおしたのですが、
先ほど
最初にUSBの接続ジャックが出てきましたが
そちらの破損ということで
マイク自体は壊れていませんでした。

 

ポールのマウス

 

マウスはこちらを使用しています
ロジクールG703
マイクロフォン

 

マウスは無線のものを当初から
ポールが欲しいと言っていました。
理由はやはり配線がないのでマウスを
動かすことができることかと思います。

 

ロジクールG703は
中におもり10gがはいっていて
マウスの重心を下の方にするようになっています。

 

まだ手も小さく、マウスが重く
感じたポールでしたので
これまで使っていたマウスに比べて
重量があったので、
はじめ慣れるまではこのおもり10gを
とって練習をしていました。

 

ただ今は慣れてきたので
このおもりをつけて楽しんでいるみたいです。

 

どんな道具でもはじめは慣れないものですが、
使っていくことで慣れていくようですね。
子供たちの適用力はすごいですね。

 

 

ポールのキーボード

 

こちらはポールの現在使用してる
ロジクールのキーボードとなります。
音少しうるさいかもしれませんね。

 

Logicool G PRO X
ゲーミングキーボード テンキーレス
有線 GXスイッチ クリッキー
日本語配列 LIGHTSYNC RGB
着脱式ケーブル G-PKB-002 国内正規品
マイクロフォン

 

 

総じてPC周辺機器は

 

総じてPC周辺機器は
フォートナイトを楽しくプレイするには
ゲーミングに特化したメーカーが
やっぱりいいのかなというのが感想です。

 

はじめた当初は
本人が続けていくか分からないですし
予算の関係でなかなか
本物を購入することができませんが、
少し本格的にしようとすると
ある程度の性能が必ず必要になります。

 

上には上の高価な機器があるので
プロ仕様の高性能とまではいきませんが、、、
できれば少しだけ高くなりますが、
継続してゲームをしていくことを考えて
Logicoolなどのゲームメーカーで
周辺機器を揃えることをオススメします。

 

2021年7月10日AM1:50更新

プリンターのインク

プレゼント企画などをすると、
印刷したりする機会が増えてきます。
プリンターは普段の生活でも必要ですので、
2台のプリンターを使っています。

 

1台はエプソンEP-806ABを使用しています。
プリンターのインクはとっても減りが速いですね。

 

プリンタ黒
ポールパパはインクを買うときは
箱なしでバラを買うことにしています。
送料が安かったりでとても都合がいいからです。
確かに箱は送るにも邪魔で
送料が多くかかるからですね。

 

業者さんにしてみたら
箱なしで送付は願ったり叶ったりでは
ないでしょうか。

 

箱なしのインクはオススメです。

 

EPSON
IC6CL70L

 

EPSON純正品 IC6CL70L 6色パック 増量

 

 

 

A3で印刷したいので
こちらのプリンターも使っています。

 

プリンタ黒

 

EPSON(エプソン) A3カラーインクジェット複合機 PX-M6010F

 

インクはこちら
楽天ビッグ
エプソン EPSON IB07CL4A 純正プリンターインク
4色パック標準インク

 

 

ヤマダ電機
インク エプソン 純正 カートリッジ インクカートリッジ
IB07CL4A インクカートリッジ 4色パック

 

 

先日・・・・

 

最初に上げたエプソンEP-806ABのプリンターですが
突然EPSONのプリンターにエラー表示がでました。
廃インク吸収パットがいっぱいになったみたいです。

 

廃インク吸収パットは市販で売られていますが、
ネットで検索したところ
分解して自分で脱脂綿を設置できる見たいでしたので、
家にある脱脂綿をぎゅうぎゅうに詰めて
直しました。

 

ただし、エラーが解除できないので
そのエラー解除のための
リセット用のコードはやはり購入しないといけませんでした。
WEBで調べたらでてきますので、
是非ご自身で廃インクの交換をされることをオススメします。

 

ただ、調べることや、ドライバーをつかって
少し分かいすることがあるので大変ではあります。

 

廃インク吸収パットの交換が
もう少し簡単になるといいですね(≧▽≦)

 

 

 

 

 

ドラゴンボールヒーローズの撮影

ドラゴンボールヒーローズの筐体の撮影は
手振れがあったり色々と大変ですね。
特に反射があると、顔が写ったりで
とてもモザイク編集に時間がかかります。
そこで今検討しているのが、三脚です。
おそらく固定して撮影をすると
モザイク位置が動くことなくとても
楽にできるのじゃないかな~と思っています。

 

いやー迷いますね、、、

 

三脚は
長さ、重さ、製造元など様々ですね。

 

今回検討しているのが
2種類程ありまして、、、

 

こちらの方は少し長くて
少し重くてしっかりしていてある程度伸びそうなものを
購入使用と思いました。

 

 

最終的に色々迷いましたが
こちらの商品にしました

 

NIMASO LEDリングライト スマホ 自撮り棒 三脚付き
セルカ棒 iphone 三脚 ライト bluetooth シャッター
リモコン操作 リングライト スマホ ライト スタンド スマホホルダー
テレワーク LIVE補光効果 Android iphone12 11

 

三脚

 

2021年9月5日 22:00 更新

 

 

三脚LEDリングライトの感想

 

上記のNIMASO LEDリングライトが届いたので
ヒーローズの撮影で使用して見ました。

 

感想からすると、
高さが全くたりませんでした。(T_T)

 

こそ―と撮るにはちょうどよかったですが・・・
高さがちょうど筐体面を越すくらいになりました。

 

筐体画面からすると、
下の位置から撮影となりますので、
撮影した画面は
台形となってしまいました。
(編集で台形を調整することも
      可能ではありますが)

 

 

有名なYoutuberの撮影をみてみると、、、
顔の高さくらいまでの
三脚が伸びていることが
判明しました。

 

しかもお店でライトをつけたりすることは
なかなか勇気がいりますよね。
ですので、ヒーローズの撮影としては
LEDリングライトがついていて
850㎜くらいの高さの三脚は
適任ではなかったようです。

 

 

最終的な三脚(自撮り棒)

 

最終敵には
こちらを購入することにしました。

 

USB1

 

自撮り棒 三脚/一脚兼用 セルカ棒 Bluetooth 無線 着脱式 リモコン付き 伸縮式 7段階伸縮調節 360°回転可能 iPhone/Android/GoPro対応 自撮り/集合写真/生放送/宅録/料理作り コンパクト 軽量 送料無料

価格:1,980円
(2022/7/11 00:14時点)
感想(1件)

 

120cm伸長 360度回転】 自撮り棒 三脚付き
bluetooth セルカ棒 bluetooth 三脚 リモコン シャッター
7段階伸縮 軽量 無線 伸縮式 折り畳み 多機能
持ち運び便利 360度回転 120cmまで伸長
iPhone iPhone11 iPhone12 Android対応

 

結局のところ筐体の上に100円均一の
簡単な三脚では足元が安定しませんし、
床から850㎜くらいの低い三脚だと
画面が斜めに撮影されてしまいます。

 

ヒーローズでバトスタをを撮影するときは
ある程度の高さが必要です。

 

人目につくので
かなり撮影にはかなり勇気がいりますが、、、

 

現在のところ
ポールと2名での撮影していきますので
ポールパパのiphoneで
手振れブレブレで
撮影を継続していきたいと思います。

 

結局三脚はあまり使っていないんですよ(≧▽≦)

現在のPC周辺機器

現在のPC周辺機器
こんな感じです。

 

(配信側のパソコン)↓

 

 

 

   ↑  ↑  ↑
   無線(ケーブルなし)
   ↑  ↑  ↑

 

 

(プレイ側のパソコン)↓

 

 

現在ポールはディスクトップ
ディスクトップPC
モニター2台で

 

フォートナイトを楽しんでいます。
こんな感じで配置されいます

 

(↓ポールPLAY側ゲーミングパソコンのディスプレイの配置)

 

右側が主モニター、フォートナイトプレイ用
HP製です
span style="font-size: 10pt">23.8インチを使用しています。

 

新品で同じサイズを探しても現在ありません
現在販売されているのは27インチのもので
ポールが使用するのは23.8インチです

 

次に写真で半分切れている
左側のサブモニターですが、
GigaCrysta製となります。

 

机のサイズが限られていて
モニターを置くスペースが狭かったので、

 

小さくて(21.5インチ)
FPS:144HZに対応できる
モニターを購入しました。

 

このサブモニターはポールが
プレイ中の情報収集のために使っています。

 

ポールは配信中も自分の配信とは
別チャンネルをチェックしていることが多いです

 

自らの配信のチェックは
ポールのiphoneで
コメントの管理をしています。

 

 

ポールのゲーミングPCは
無線の機能もついていますが、、、
(購入当初は無線でプレイしていました)
部屋の設置位置によってはラグさが解消できず
通信が安定せず
またラグさを解消するために
現在は
ADSL回線に直でつないでいます。

 

プレイ用のポールPCと
配信用のポールパパPCは
連携を無線で行っています。

 

配信中のポールパパは
配信用パソコンにSwicthを
以前ポールがしていたように
チャプターボードAVerMedia GC550でつなぎ
ゲームを楽しみながら
配信を管理しています。
Swicthモニターは
テレビ画面となります。

 

ポールパパも自身のiphoneで
コメントを管理しながら配信に参加しています。